ゲーム

1000万ダウンロード!オンライン麻雀アプリ「MJモバイル」

最近はオンラインで出来る麻雀アプリはたくさんあります。その中でも今回ご紹介させていただくアプリがセガNET麻雀「MJ(エムジェー)」になります。

オンライン麻雀アプリ「MJ」とは?

何か見覚えあるな?って思われた方もいるかもしれません。ゲームセンターなどにも置いてあった「MJ5」のモバイル版になります。

アーケード版をプレイしたことがある人だったらその「MJ」が携帯アプリとしていつでもどこでもプレイすることが出来るのでぜひやっていただきたいです。

やったことない人は、とても初心者向けのオンライン麻雀アプリだと思うので、とてもおすすめできます!

さっそくわかりやすいように解説していきます。

料金・課金要素

基本プレイは無料になります。

その基本というのが、オンライン対戦も無料ですしCPUとの対戦やプライベート戦、トレーニングが基本無料となります。

課金要素は、玄人向けといったイメージになります。オンライン対戦の無料では、東風戦と三麻のみになります。

なので、課金プレイだと東南戦が出来るようになり、一般卓と上級卓が選べるようになります。

トップになるとゲーム料金は免除されますが、オンラインで全国の猛者と戦いたいということだと、課金してやるしかありません。

オンライン大会

課金してオンラインで戦うだけではなく、定期的に大会が行われていてそれにエントリーもできます。無料でもエントリー出来る時もありますが、大会参加するのであれば課金しておく必要があるでしょう。

予選などもしっかりあり、簡単に勝ち上がることができない大会になるので、優勝を狙いにいく人は実力だけじゃなく、運の要素も必要になってきます。モバイル版でのオンラインプレイになると、途中で電話などがかかってくると「CPU代走」になってゲームが進行してしまうので、優勝を狙うような人であれば対策も必要となります。

そこで優勝すると、TV中継で行われる著名人とのエキシビジョンマッチに参加することができます。そこには解説として、プロ雀士の方も見えますし本当に麻雀好きで強い著名人との戦うことでもしかした有名人への道が開くかも・・・なんてことが起きるかもしれませんね!

プライベート対戦

玄人ってほどでもないし、無料でできればいい!という方も安心してください。

プライベート対戦も無料でできますので、全国にいるお友達に声をかけ、プライベート部屋を作るだけで、雀荘に行かなくても自宅で通信対戦を行うことが、携帯一本でできます。

面倒な点数計算などやアシスト機能も豊富なので、初心者が混ざっていたってプレイできちゃうんです。

あと一人足りないっていうときに探すなんてことができないのは、辛いですがみんなで集まっているときに携帯片手にみんなでやったら、盛り上がり間違いなしです!

オフラインソロプレイ

オンラインプレイだけじゃなく、トレーニングモードやCPU戦は一人でもできますので、全然やったことはない人はトレーニングをつみ、スキマ時間にちょこっとできれば・・なんて考えている人はCPU戦でやるのもおすすめです。

おすすめポイント

初心者にもわかりやすいように、たくさんのアシスト機能が付いていたり、実況者がいるので臨場感溢れる麻雀をすることができます。

麻雀を覚えたて!なんて人にも、今から覚えるって人にもわかりやすいアプリです。

「ロン」や「ツモ」っていうときにはちょっとした演出も付いてきて、他の麻雀にはない派手さがあります。

モバイル版をやっていて、自宅のPCなどに連動させることが出来るので家に帰ってから自宅PCを使い大きな画面でゲームすることもできます。

たくさんの麻雀アプリがありますが、まずおすすめしたいのが「MJモバイル」になります。無料なので、ぜひ一度やって見てください。