ゲーム

世界にブームを巻き起こした「ポケモンGO」が更に進化してる!

「ポケットモンスター」略して「ポケモン」と言われる不思議な生物が生息している世界で、自らトレーナーとなり「ポケモン」を捕まえ育て戦わせるというゲームが一大ブームとなりアニメ化や映画化など派生作品が数多く発売されたものがスマホアプリとなり登場して世界中に新たなブームを巻き起こしました。

ポケモンGOとは?

GPS機能を使って現実世界のいろいろな場所を歩いて、野生のポケモンを探して捕まえるというもので、街中の観光名所や目立つような場所で「ポケストップ」と言われるアイテムを補給できるようなスポットなどもあるため、自らの足で歩いて現実世界を回るのがコンセプトとなっています

拡張現実ってなに?

ポケモンが出現した際にはAR(拡張現実)技術でスマホのカメラを通して写し出されているものの中にポケモンがいるような映像を楽しむことができます。公共の場所での使用は避けたほうがいいかもしれませんが、自宅や近所などで実際にポケモンが出現させているような感覚がとても人気となっています。

どんなポケモンがいるの?

伝説のポケモンなども含め現在では500匹前後は確認されています。「ミュウ」や「ミュウツー」など昔しか知らないという人でも知っているポケモンはたくさんいて楽しめると言えます。

伝説のポケモンなどは通常の野生では出現しないため特別な入手方法などが必要になります。

色違いポケモンやキラキラって?

同じポケモンでも色違いポケモンやキラキラポケモンなど様々なポケモンが用意されています。

背景がキラキラになる「キラポケモン」と言われるのは、友達同士で交換をした時になったりします。「キラポケモン」になると強化に必要な「ほしのすな」が半減したりトレーナーにとってメリットはありますが、色違いポケモンに関してはメリットは特になく出現率がとても悪いために収集を目的とした位置付けとなっているようです。

レイドバトルって?

ポケモンの醍醐味と言えばやはり「バトル」となっています。ポケモンゲームをやったことある人は戦い方が少し違うために注意が必要となります。

ゲーム版の場合、ターン制となっていましたが「ポケモンGO」はそうではありません。まず戦える場所が「ジムバトル」と「レイドバトル」の二つになります。

「レイドバトル」は他のトレーナーとの共闘にて「ボスポケモン」を倒すという協力プレイとなっています。伝説のポケモンなどもここの「レイドバトル」にて入手可能となります。

ジムバトルって?

「ポケモンGO」の世界では「チームヴァーラー」が赤チーム、「チームミスティック」が青チーム、「チームインスティンクト」が黄チームと三つのチームに分かれてバトルを繰り広げて「ジム」と言われる名所の場所をかけて戦うことができます。

「ジム」を獲得した時に自分のポケモンを配属して「ジム」の防衛に当たります。他のチームのトレーナーは配属されているポケモンと戦い勝つことで「ジム」を獲得していくというものです。

「ジムバトル」をすることで「ジムバッジ」と言われる名所の写真やイラストが入ったジム固有のものを獲得できるようになっています。

追加された対戦機能ってどうなの?

 

リリース当初には無かった機能として、トレーナー同士の対戦機能(PvP)の機能が追加されました。それにより近くにいる人と、バトルをすることができるようになりました!

近くにいる人とQRコードを読むことでいつでも対戦することができますが、SNSなどで遠くに離れている人に送っても戦うことはできません。フレンドの交友度が「親友」以上になっていれば、離れていても戦うことができるので遠くにいる友達ならば交友度をまずあげることで、仲良しとの対戦も可能となります。

楽しむためには注意が必要

ポケモンGOは世界にブームを巻き起こしました。利用者の増加に伴い多くの事件や事故も生まれてしまっています。

現在では自転車や自動車での使用が制限されていますが、それによる事故や「歩きスマホ」による危険などもありますので、楽しむためには使用方法がとても重要になってくるアプリとなっています。